FXで勝つためには戦略のイマジネーションが大切である

イマジネーションを大切にすることがFXで勝つポイント

これは実際に、長年マーケットに関わってきたから言えることなのかもしれませんが、シナリオを立てるうえで大事なことは、取引経験に裏打ちされたイマジネーションだと思います。

 

少なくとも、FXのデイトレートをするにあたって、ファンダメンタルズはほとんど関係ないといっても過言ではありません。それよりも大事なのは、ポジションの傾きです。いまマーケットは全体的にロングなのか、それともショートなのか。たとえば市場参加者の大半が、米ドルのロングポジションをもっているという、パンパンのロング状態だったら、そこから先、米ドルが買われて大きく上昇する可能性は低くなります。

 

むしろ、米ドルをもっている市場参加者の一部が、「もうそろそろ天井」と判断して売りに回ったら、あっという間に他の市場参加者も、米ドルを売ってきます。結果、米ドルは下がります。なかには自分の買値を下回ってしまい、損切りを余儀なくされる連中も出てくるでしょう。そうなったら、米ドルはストップロスの売り物によって、さらに下げのスピードを加速させていきます。

 

また、いまのマーケットの偏りだけでなく、どのレベルに売りたがっている、あるいは買いたがっている市場参加者がいるのか。あるいは、どの水準に達したらストップロスが出てくるのか。そういうことを常に頭のなかに思い浮かべながら、為替レートの値動きを見るようにしましょう。

 

初めのうちは、右も左もわからない状態でしょうが、ニュースやウェブ情報など幅広く情報収集を繰り返しているうちに、市場参加者の思惑が、うっすらと見えてくるはずです。

 

【PR】これからFXを始める投資家の方は達人さんのFX比較サイトがおすすめ。